子どもを幼児教室に通わせよう【メリットを紹介】

最新記事一覧

教育理念は園によって様々

子供

人気の園では激戦を覚悟

現在、日本では、保育園不足が叫ばれていますが、幼稚園は待機児童の受け皿にもなるため、今、その存在が見直されてきています。福岡でも、待機児童問題は深刻となっており、保育園に入れなかった子供を、幼稚園に入れようとする保護者がよく見られます。しかし、保育園と幼稚園では、管轄する行政が異なることから、大きな違いがあり、そのことを考慮して入園を検討することが大切です。福岡にはたくさんの幼稚園がありますが、中にはモンテッソーリ教育やシュタイナー教育のように「○○教育」と教育方針を打ち出している園が多数あります。それぞれの教育方法で、子供にさせている作業や遊びに特徴があり、「こんな子供に育てたい」という理念の元に教育を行っています。幼稚園が保育園と異なるところは、「教育」に力を注いでいることであり、子供が過ごす環境がそれぞれの教育で全く異なるところです。福岡にも、独自の教育を行う保育園がたくさんあるため、入園を考えている人は、よく見学をして子供に合った場所を探すことをお勧めします。幼稚園の入園受付の時期は、12月に集中していることがほとんどですが、中には高い人気のため、激戦区となっている幼稚園もあります。福岡にも、教育方針などが人気で、なかなか入園できない幼稚園もあるため、早い時期から見学を行って下調べをしておくと安心です。入園申し込みの前に、募集要項が配られますので、その時期にもらい損ねないように、足しげく見学に通っておくことをお勧めします。また、人気が高い幼稚園では、入園受付が先着順だったり、抽選な場合もあるため、情報を仕入れておくことが重要となってきます

Copyright© 2018 子どもを幼児教室に通わせよう【メリットを紹介】 All Rights Reserved.