子どもを幼児教室に通わせよう【メリットを紹介】

最新記事一覧

幼児期から英語に触れよう

英語

早めに英語を学ぼう

最近では英語の教育に力が入ってきています。今では、小学生から英語の授業も取り入れられてグローバル社会に対応できるような教育指針になってきています。また、2020年に東京オリンピックが開催されるため、通訳だけでなく市役所、警察官、消防官といった公務員も英語習得に力を入れています。そんな中、今注目されているのが「プリスクール」です。プリスクールとは子供を英語環境で保育してもらう施設です。簡単にいうと英語保育所みたいな施設です。各施設によって保育内容は変わってきますが、基本的になるのが音楽、工作、料理といった幼稚園に内容が近くなっています。プリスクールに通うことができる年齢は2歳くらいからみたいです。幼児期から英語に触れることで英語取得は容易になります。さて、プリスクールではどんなことをするのでしょうか。0歳〜2歳児は歌や音楽で英語に触れていきます。歌や音楽だけでなくステッカーを貼ったり、色々な材料で色を塗ったりと工作やゲームをしながら英語に触れていきます。4歳児から徐々に机に座らせて英語の勉強をしていきます。小学校で習うようなアルファベットの勉強などが始まります。徐々に英語に慣れさせ、算数や理科、社会といった小学1年生が習うことを英語で学んでいきます。プリスクールとはインターナショナルスクールの幼稚園と解釈してもらえればいいです。これだけ英語に触れていれば、英語もネイティブになること間違いありません。今からお子さんをプリスクールに通わせるのもいいかもしれません。

Copyright© 2018 子どもを幼児教室に通わせよう【メリットを紹介】 All Rights Reserved.